スペインでは朝から晩まで
バルが人々の生活に寄り添っています。
喉が乾いた時、小腹が空いた時、
誰かと話をしたい時、
大切な人と大切な時間を過ごしたい時、
美味しいものを食べたい時…
そして海山からの地元の美味しい食材を生かした料理や飲み物は人々を充し
明日への活力となっているのです。
私たちはスペインサンセバスチャンでのそんな感動を小皿料理ピンチョスに託しました。
TOKYOで再現しつつTOKYOらしさを加え、
皆様の生活に寄り添った
バルでありたいと願います。